健診・検診業務でこんな
「お困りごと」ありませんか?

  • 読影結果をシステムへ
    転記するのが大変
  • ビューアが検診画像読影には
    使いにくい
  • 巡回バスの画像の
    比較読影ができていない
  • 外部に読影を委託しているから、
    結果が遅くなる
  • 画像検査の結果が、健診結果で
    一番最後になってしまう!

PAXiSなら、
その「困った!」を
解決することができます!

施設内、巡回バスの画像検査の読影と所見をデジタル化。結果をデジタルデータで出力します。

巡回バス

施設内装置

↓

クラウドサービス

クラウドサービスでの読影も可能。

読影・所見入力をデジタル化

施設内と巡回バスの検査画像をサーバへ保存し、必要に応じて健診システムから情報を取り込みます。連番で撮影したバスのマッチングもサーバ内で行えます。サーバに保存した画像をビューアで読影しながら、同時に所見入力を行います。

オフラインレポート

外部のドクターはオフラインレポート機能で所見入力が可能。

↓

画像所見最終結果

〈胸部〉

〈胃部〉

〈マンモグラフィー〉

〈胸部/胃部/マンモグラフィー〉

複数の医師が入力した読影の結果を取りまとめ、最終的な結果を決定します。決定した部位・所見・判定・キー画像の情報を、健診システムへ渡すためのデジタルデータへ変換します。

→
→

健診システム

出力した結果が健診システムで
取り込まれたら画像検査の読影は
終了です。

【紹介動画】目から鱗の健診PACS&レポート活用術

健診特有の業務をシステム化して、
素早く・簡単に画像所見を確定。

撮影&読影
前準備

  • 受付&MWM等、
    連番撮影の個人IDマッチング
  • 撮影後の画像確認
  • 読影医への読影依頼

読影&所見
入力

  • 過去画像の自動表示
  • レポートシステムへの
    結果入力
  • 二段階読影、再確認

結果確定

  • ルールに従って
    それぞれの画像所見を確定
  • 画像所見の外部出力
  • 帳票、メディアの一括出力

健診・検診向けの読影ビューア

Check 01
撮影から結果確定まで、
各作業を検診種別ごとに管理
部位だけでなくさらに細かい検診種別の設定が可能。
設定した検診種別ごとに、読影の進捗状況などを
管理することができます。
胸部健診
(人間ドック)
胸部健診
(住民)
← 例えば、胸部X線検査も
「人間ドックと住民健診」や
さらに「肺がん検診」 「結核検診」と
分けて管理することが可能です。
胃部健診
マンモグラフィー
Check 02
検診読影に特化した
レポート一体型読影ビューア
ビューアから視線を動かさずに連続読影できるよう工夫された、大量の画像を読むためのレポート一体型ビューア。
また、前回検査で異常所見があった場合は、“音を鳴らしてレポート起動”など、システムが読影の手助けをします。
前回結果や技師コメント等
ビューア上に表示
前回所見
異常なし
→↓
クリック1つで
次の受診者へ  
前回所見
異常あり
→↓
自動でレポート起動
(設定)
Check 03
検診種別ごとに
レポートフォーマットや
読影段階を設定
レポートフォーマット (部位・所見・判定)、読影人数、読影の方法、出力する最終結果のアルゴリズムなどを健診種別に設定できます。
胸部健診
(住民)
二人で
ブラインド読影
胃部健診
二人で
二段階読影
Check 04
ネットワークを使わずに
外部読影をシステム化
ポータブルディスクからビューアとレポートシステムが起動するので、自宅や勤務先のパソコンで所見を入力できます。
読影後はポータブルディスクを依頼元へ返却。受診者名を削除したデータをセキュリティ機能付き
メディアへ登録するので安心です。
健診施設
PAXiS
オフライン
レポート
データ+システム
(セキュリティ機能付き)

PAXiS-Portable
→
PAXiS-
Portable

データ+システム
(セキュリティ機能付き)

←
勤務先   
自宅など
Check 05オプション
クラウドサービスで
身軽に運用
ハイブリッドクラウドサービスを選択すれば、
大量のデータを施設内で保管する必要はありません。
サーバ室で場所をとっていた画像サーバを
小さくできるだけでなく、BCP対策としても安心です。

医療機関内 PAXISサーバ 院内端末、モダリティ

KISSEI COMTEXCデータセンタ PAXiS-X長期保存

PAXiS Portable Report

パクシス ポータブルレポート

「PACSはあるから、読影部分だけ
デジタル化したいんだけど…」

そんなご要望にお応えして、オフラインレポート機能を
切り出してパッケージ化しました!

施設の既存PACS・健診システムと連携し、
外部での読影レポートをシステム化します。

健診施設

既存PACS

健診システム

勤務先・自宅など

【一般的名称】汎用画像診断装置ワークステーション用プログラム
【販売名】PAXiSビューアプログラム PX-VIW02
【認証番号】227ADBZX00097000

お問い合わせ
Contact us

健診・検診業務の
解決したい「困った」を
お待ちしております。
お気軽にお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせはこちらから
tel.0263-40-1122 〈受付時間〉 9:00〜17:00 ※土・日・祝日・夏季休業・年末年始を除く
ページの先頭へ