Excel調で直観的に操作できる

IT資産管理ソフト

SS1とは

SS1は機器のインベントリ情報を定期的に自動収集し、社内システム内の資産情報を最新の状態に保ちます。ハードウェア・ソフトウェア情報を管理部門ごとに区分けして管理することが可能で、管理作業の負担を分散することも可能です。

SS1の導入により、機器インベントリ情報の管理がスムーズにおこなえ、システム管理者の負担が大幅に軽減されるとともに、現場のスリム化が期待できます。

SS1の特長

PCの調達から廃棄までをトータル管理

企業システムのIT化が進むなか、IT資産の利用状況とコストをトータルに管理することが求められています。

SS1でIT資産情報を一元的に整備・管理することで、「購入計画/調達」・「資産登録」・「キッティング」・「運用/保守」・「廃棄/リサイクル」という一連のPCライフサイクルを効率的におこなうことが可能です。

SS1はシステム管理者にとって”やさしい”資産管理ツール

IT資産管理ソフトSS1の管理画面(GUI)は操作性が高く、簡単に操作できます。

管理者が転勤など交代する場合の情報引継ぎはSS1の操作手順だけです。

また、万全のセキュリティ設定が搭載されているので、管理者以外へのIT資産の情報漏洩を防止します。

お問い合わせ

内容に関するお問合せ、詳しい資料のご請求、デモンストレーションのご依頼など、お気軽にお問合せ下さい。

メールからのお問い合わせ
電話からのお問い合わせ

担当:第2営業部 安藤(あんどう)